集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

対話を中心にする意味

からーぱれっとでは、コンサル・サポート・制作すべて、対話を中心にサービスを提供しております。

私の客モテメディア構築コンサルを
喜ばれる方の特徴

  • ITが苦手
  • パソコンが苦手
  • 完璧を求めて、前へ進めない
  • 伝え方がわからない
  • 集客行動の成果がわからない
  • しっかりとサービスをもっと知って欲しい広げ定着させたい
  • 目の前のお客様の対応を優先したい
  • 自分のペースを大切にしたい
  • 型にはめられると動けなくなる
  • 理解して納得して行動したい
  • なんためにするのかを、しっかり理解して動きたい
  • 不器用なため、あれもこれもできない!混乱する!

といった、自分のサービスには自信があるが、広報活動が苦手、それにましてパソコンが苦手!!
という方に、喜んでいただいています。

クライアント中心コンサル・クライアント中心サポート

カウンセリングには「来談者中心療法」というモノがります。

「来談者中心」とは

来談者の話をよく傾聴し、来談者自身がどのように感じ、どのように生きつつあるかに真剣に取り組んでいきさえすれば、
別にカウンセラーの賢明さや知識を振り回したり、押しつけたりしなくても、来談者自らが気づき、成長していくことができる
(一般社団法人 日本臨床心理士会 HPより)

というモノです。

私はこの「来談者中心」という考えを、客モテメディア構築コンサルの在り方としています。

ホームページ制作会社や、
コンサルにありがちな落とし穴

なぜ私がこの考えを大切にするのかというと、
約20年ほど(2017年3月時点)ホームページ制作会社等に見置いたて経験して学んだことがあるからです。

多くのホームページ制作会社や、WEB集客コンサルタントは「成功法則」を見出しています。

  • こうすれば、うまく行く
  • こうすれば、成功する
  • こうすれば、集客できる

という「成功法則」です。

この方法で成功した経験があるから、この経験でうまく行く人をたくさん創出したからこそ言えるノウハウがそこにはあります。
これは本当に素晴らしいことです。

しかし、このやり方で取り残されていく人を多く見ました。

皆さん、わかってるんです。

  • それができれば、成功するだろう…
  • それができれば、苦労しないよ…

と。

ですから、クレームを言う人も中にはいますが、
自分が悪いのだからとおとなしくフェードアウトする人の方が多かったんです。

この人たちの共通点は、こういったものです。

  • 不器用である
  • パソコンが苦手である
  • スタート時期はスローである
  • 納得しないと動けない、動きたくない
  • 納得してないから、優先順位が低い
  • 習慣化が難しい

そして、彼らの共通点はほかにこんなものがあります

  • サービスに大きな価値を持っている
  • 強いこだわりがある
  • 頑固である
  • タイミングがないと動けない
  • 行動は自分で決めたい傾向にある
  • 行動を楽しみたい

ほぼほぼ、納得しないと動けないんです。

しかし、このような強いこだわりがあるからこそ、一度納得し動来きはじめて、
成果を感じたら更に自分のペースで動き続けられるんです。

だからこそ、話を丁寧に聞く必要があるんです。
クライアント(来談者)が、一番の成功法則をお持ちの方と考えています。

ですから、ぱらーぱれっとではいろいろなマーケティング戦略を提案します。

その中で、マインドブロックを外せば動けるなら、マインドブロックを外すカウンセリングを行い、
マインドセットを整える必要があれば、コーチングも導入します。
私には「成功法則」はありません。

たくさんのツールを知っているだけです。
そのツールを、お客様に合わせて提案し、模索し、検証し、行動をし続けていただきます。

納得されたいから。

納得できれば、動ける方ばかりだから。

ですから、望むゴールまでの道のりはゆっくりペースかもしれませんが、
確かな足取りで歩いていけるんです。

そのためには、しっかりクライアントの話に耳を傾ける必要があると考え、
対話を中心とした客モテメディア構築コンサルを提供しております。