集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

iPadのKindle書籍を読破する方法 iPadのKindleを利用した書籍を聞く「ながら勉強法」の活用法

「もっと学びたいな…」

そんな思いを持って、役立ちそうな書籍を買ってみた。
だけど、日々の忙しさにゆっくり本を読む暇もない…

学びたいのに、忙しいからなかなか学べない。
どんな風に感じている方もおられるかもしれません。

今日はそういった、向学心・向上心のある方へお届けする記事を書きますね(^^)/☆

客モテメディア構築コンサルタントの
氏家正子です。

学ぶとき確保したいもの

学ぼうと思う時、それができない理由に
時間と場所の確保ができないという理由をよく聞きますよね。

その場合、

  • 意識的にわざわざ時間を確保する
  • 隙間時間を有効活用する
  • 意識的にわざわざ学ぶ場所を確保する
  • ながら勉強法を取り入れる

などの方法が考えられます。

ながら勉強法を取り入れる

最近私は音声での学びを深めています。
これは「ながら勉強法」

今は動画でいろいろな情報が流れているので、
欲しい情報をYouTubeで探し、ただただ聞いているということもあります。

また最近のメルマガは、動画付きが多い。
したがって音声を聞いて学ぶことができる機会が増えてきていて、ありがたいです。

音声で学びを深める時、自分に必要なことは自然と「聞こえてくる」
だから、聞こえてきたことを意識する。
聞こえてきたことを、もっと詳しく知りたいときは聞き直すなどをしている。

本を読みたい人への、ながら読書法

しかし、YouTubeでななく書籍を読みたいということもあるでしょう。
そんな時は、本を読む時間を確保しなければならないのですが、
ここでも「ながら」を導入してみましょう。

アマゾンで書籍を購入するとき、Kindle版の購入ができますね。
これは、Kindle用の媒体や、iPhoneやiPadといった媒体を活用して書籍を読むというものです。

しかし、iPhoneやiPadで書籍を読むと言っても
やはり読む時間を確保しなければならないのでは?

音声読み上げ機能なんて、見当たりませんよ??

と思う方もおられることでしょう。

そうなんです。
一見音声読み上げ機能がないように思うんですよね。

しかし!iPadやiPhoneのKindleでも
音声読み上げが可能です♪

この方法を知っている人もいない人もいると思います。
私も、最近知りました(;’∀’)

iPadのKindleで音声読み上げを
導入する場面

私の場合だとiPadのKindle版を使っているのだけど、読み上げてもらって
聞いています。

デザインやコーディングといった「作業」をしている時は
音声で書籍を聞きます。

文章を書かなきゃならないときは、静かにしてもらいますけどね(;’∀’)
デザインやコーディングには邪魔にならないらですから♪

きっと、電車での移動時間などに
音声で読み上げてもらって聞くのも良いと思います。

だって、iPad結構思いから、
持って読んでいると、肩も首も凝るんですよね(;’∀’)

ですから音声で聞くのはおすすめです♪

音声で聞くことで、必要な情報は
自然と入ってくる不思議

このように音声読み上げを導入することで、読みたい書籍を読むことができる。
必要なことは、本当に不思議と聞こえてくるから大丈夫(^^)/☆

無意識に刷り込まれますし、反応します♪
ご安心を(^^)

そして、何回も聞けばいいんです♪
だって、1回読んでも内容って全部入らないじゃないですか。
それと一緒です(^^)

iPadのKindle音声読み上げ設定法

Kindleの音声読み上げ法を動画にて説明してみました。
興味のある方はぜひご覧くださいね♪

 

masako by
オウンドメディア型ホームページ構築のサポートを、培ったカウンセリング能力を用いつつお客様のニーズに寄り添った形で提供しています! マイペースで確実にオウンドメディア型ホームページを構築されたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい