集客しない客モテメディア構築コンサルティングとはお客様にモテ、自分を再発見出来るホームページといったメディアをを二人三脚で創り育てます。 あなたとのお話を通して、頭や心の中の見えない想い、魅力を見える形にするので「あなたが良い!」と「ありがとう!」の感謝が集まります。

からーぱれっとコンセプト メディア構築コンサルをメインとする理由

メディアは、あなたご自身に作っていただきます。

メディアとは、ホームページやFacebook、Twitter、Instagramといった情報発信媒体を指します。

 

からーぱれっとが行うのは、

  • メディア構築コンサル
  • メディア運営コンサル
  • メディア制作コンサル

の3つのサービスです。

各種メディアを活用して、
サービスを展開したい方が各メディアを作り育てることが、
あなたの望むゴールへの近道だと、私は考えています。
※とりあえずホームページをお持ちになりたい方へ
7万円でできるオウンドメディア型ホームページスターターパックを準備しております

客モテメディア構築コンサルティングでの
メディア制作運営サポートについて

私は、これまでいくつかのWEB制作会社で勤めてきました。
しかし、集客がうまく行った例は数少ないと感じています。

そしてこの経験を通して、
クライアント様には「丁寧な運営サポート」が必要だと考えるようになりました。

この考えに至るまでに、私が分析した
『集客に成功し、目指すゴールにたどり着きやすい方とそうでない方』
についてお伝えします。

集客に成功し、目指すゴールにたどり着ける方

  • 自分で考え
  • 自分で工夫し
  • 自分で行動を選択し
  • 自ら行動し続けられる
  • すべて自己責任と捉える

方でした。

集客が思うようにいかず、目指すゴールにたどり着けない方

  • 遠慮し
  • 指示を待ち
  • 行動を選べず
  • 相手に任せ
  • 目の前のことに、時間と手間をかけ
  • パソコンや、WEBへの苦手意識が払しょくできず
  • 責任転嫁してしまう
    ※ここはちょっと微妙

方でした。

では、うまく行かなかった方の、
サービスや能力が劣っていたのでしょうか?

それは、違います!
これは、断言できます!

素晴らしいサービスをお持ちでしたし、能力が劣っているわけでもありませんでした。
ただ彼らの共通点には、更にこのようなものがあったのです。

  • サービスに大きな価値を持っている
  • 強いこだわりがある
  • 頑固である
  • タイミングがないと動けない
  • 行動は自分で決めたい傾向にある
  • 行動を楽しみたい
  • 納得しないと動けない
  • 心と思考が一致しないと動ききれない
  • 丁寧な説明でないと、今第一に何をして良いのかわからない
  • 1つの行動の後、指示がないと動けない

ある意味「言われた通り動けない」のですが、そこにはこんな理由がありました。

  • 制作会社やコンサルタントが、何を言っているのか理解できない
  • 指示された行動をすることで、どこへ繋がるのかイメージしきれていない
  • 全体像が把握できていない
  • 専門的過ぎて、全体像を言われたところでわからない
  • 行動を起こしたとしても、迷子になりやすい
  • 何よりお客様との関係性が一番大切なので、お客様を巻き込むことに躊躇する
  • 専門的過ぎて、話を聞いているうちにシャットダウンしている
  • 行動を起こしても、それがどんな風に生きているのか感じられない
  • 責任感が強いので、中途半端なことをすることに躊躇する

ですから、メディアを運営していくうえでも、

  • 1つひとつ丁寧な関り
  • 気になった時や、迷った時に遠慮なく聞ける関係性
  • 恥をかける関係性
  • 深く質問し続けられる関係性

がこの方たちには、必要でした。

本来人は、心と思考が一致しないと心地よく動けないのです

ですから、行動するまでにも、行動を継続するにも時間がかかる傾向にあるのです。
また私が行うような丁寧なサポートは、大手企業ではなかなか難しいのが現状です。

それはスタッフの満足いく給料と、勤務時間、他のクライアントとのバランスを考えると、
高額なサポートプランとなってしまうからです。

クライアントも、起業し始めやメディア運営開始直後は、
支出とサービス販売の収入のバランスが取れず、苦しまれます。

結果が出る前に、クレームとなるか、フェードアウトされます。
なかなか現実的にはうまく動かないようです。

客モテメディア構築コンサルティングについて

集客方法はいろいろある。自分にあったやり方を納得して継続する

こういった方々には、こちらが望むゴールへのレールを敷くのではなく、
しっかりお話を聞き、一緒にレールを引く必要がると私には思えました。

そこで対話を中心にしながら、いろいろな方法を提案し、納得いただきながら行動の継続を図っていただきます。

その1つひとつの対話を通しながら、

  • 自分の価値観を明確にし
  • 本当に必要なこだわりかを見極め
  • マーケティングの本質の考え方を伝え

少しずつ成果に繋げていっていただきます。

そしてその対話では、

  • どんな人に関わりたいのか
  • どのくらいの収益を上げたいのか、
  • またどのくらいのスピードで、その収益を得たいのか?
  • WEBにどれだけの費用をかけられるのか?

そういったことに話し合いながら、
本当に欲しいゴールを更に明確にしてきます。

欲しいゴール(成功)を掴むために重要なことは

このようなサポート体制を上手に導入し、欲しいゴール(成功)を掴むために重要なことがあります。

  • 制作者と依頼者との信頼関係 ※仲間意識
  • 役割分担
  • カウンセリング
  • コンサルティング
  • 気軽な相談

です。

ですから、私があなたに提供するもは

  • 技術的支援・サポート
  • 運営ノウハウの提供
  • マーケティングノウハウの提供
  • 思考の整理
  • 心の整理

になり、あなたとの対話を通して、必要な時期に必要な提案を行っていきます。

メディア構築を重要視する理由
エンゲージメントマーケティングを推奨する理由

メディア構築を重要視する理由

今は情報の時代です。
それもネットを使って情報を調べ、選択するんです。

私自身もそうですが、私の子供を見ていても、
何か不安なことやわからないことがあるとすぐにスマホで検索して調べます。

だからこそ、まずは「記事」なんです。
それも信頼できる専門性のある記事です。

最近でこそ「情報だ!」「記事の質だ!」と言われていますが、
これは今に始まったことではありません。

ずっと以前からたんたんと、れを意識し続けてこられた方は、
多かれ少なかれある程度の成功を収めておられます。

私たち個人になればなるほど、この「記事」は重要になます。

それは、誰も私たちを知らないからです。
まずは知ってもらうことです。

そして、同時に検索エンジンも優れた質の良いサイトを、自身のサイトに掲載したいと考えています。
そうでないと、自身のサイトの広告運営ができなくなるからです。

そういった意味でも、専門性があり、具体的であり、質の良い記事を掲載した
メディアにあったメディアの運営をお勧めしています。

エンゲージメントマーケティングを推奨する理由

またSNSが流行る背景には、他者とコミュニケーションをしたい!という潜在的願望があります。
だからこそ、エンゲージジメントマーケティングが今は重要になってきています。

そして、今や有り余るほどのサービスが溢れかえっています。
足らないものがないほどに。

だからこそ、誰から買うか?
ということが重要視され、あなたから買う理由をお客様も探しているのです。

そういった背景を元に、エンゲージメントマーケティングを推奨しています。

//color-8010.com/marketing/1507

私が応援したい方は、こんな方!

  • サービスに対して「熱い想い」がある
  • 自分のペースを大切にしたい
  • 自分の思いを大切にしたい
  • ゆっくりでも「確実な成果」に繋げていきたい
  • WEBだけに頼らなず、集客を多方面から考えられる
  • オウンドメディア型ホームページ作成・運営の1つひとつの工程を楽しみたい
  • WEBに関して気軽に相談したい
  • 一緒に考えられる
  • ため口でも大丈夫
  • LINEやFBメッセンジャーにスタンプ歓迎

といった方、お気軽にお問い合わせ下さいませ